獅子吼短信 274

今月は17日に夏季一斉清掃と門徒総会が予定されています。ご参加下さいますよう宜しくお願いいたします。

上の写真は、毎週土曜の夜の寺子屋の様子。学校の宿題やテスト対策、読書など、各自勉強道具を持ち寄って一時間静かに勉強中です。今の参加者は小学生から高校生までですが、大人の皆様の参加も大歓迎です。


例会の予定は「行事の予定」のページをご参照ください。

獅子吼短信 273

ふればぬれ ぬるればかわく 袖のうえを
あめとていとう 人ぞはかなき

一遍上人が、通り雨に見舞われた尼僧たちが慌てて袈裟や衣を脱ごうとした様子を見て詠まれたそうです。雨が降れば濡れ、濡れれば乾く、それだけのことなのに、一時の雨に濡れる衣服にこだわり雨を嫌がってしまう。そんな人間の心の頼りなさが微笑ましい光景を通して描かれています。

時宗の開祖、一遍上人は、親鸞聖人より少し若い世代で、法然上人の浄土思想を学び、お念仏を身体を使って表現する「踊り念仏」を行い、鎌倉時代の浄土仏教の発展に大きく貢献された方。


例会の予定は「行事の予定」のページをご参照ください。

獅子吼短信 272

 「誕」の字は「言+延」、言葉を延ばすことから元々は「嘘、いつわり」の意味を持ちます。これがなぜか後漢時代から「生まれる」の意味でも使われるようになったそうです。この世の全ては空であり夢まぼろしのようなものであるという仏教の教えの影響があるのかもしれません。21日には降誕会法要と初参式が勤修されます。親鸞聖人のご遺徳をしのびつつ、何事も思い通りにならない儚いこの世に新しく仲間入りしてくれる初参者を歓迎する集いです。奮ってご参拝ください。


例会の予定は「行事の予定」のページをご参照ください。